最近ではメガネ店も次々に増え、おしゃれ、品質のよいメガネも誕生しています。

次に、メガネに求められるものとして、自分の眼に合ったより快適な見やすさへと移行しています。

創業50年メガネのかとう城東店では、

日本全国でも3台 しか導入されていない(2021年4月現在)

関西では初となる

「Visioffice3(ビジオフィス3)」を用いて、より自然で快適な「見やすいメガネ」をお作りすることができます。

 

 

Visioffice3(ビジオフィス3)とは・・・

ビジオフィス3

フランスの世界的な老舗光学製品メーカー、エシロール社製の最新アイポイント測定器です。

高精度の測定ができますので、より快適なメガネを作ることができます。

メガネを作る時は、一般的な視力検査、機器による測定が行われます。

ただそれでは、測定する環境・条件、測定者の技量や主観、お客様の目や顔の動きの癖・・・によって大きな差が生まれてしまいます。

というのも普段の生活では1点を見つめるというより、運転時、作業時、さまざまなシーンでは顔と共に視線を常に移動させているからです。

Visioffice3では、

約20項目のパラメータを数値化することで、快適で見やすいメガネ作りを提案致します。

 

Visioffice3で測定する内容

・眼球運動時の頭部運動の傾向

「真っ直ぐ見てください」と言われても、自然な姿勢で真っ直ぐ向けている人はほとんどいません。

そこで、4方向の動きをつけて頂き撮影することで、より自然な中心を測定することができます。

正面と少し横を向いて撮影を行います。正面だけの場合は、顎があがったり角度に差が生まれます。

少し横に向いてもらうことで、自然な頭部傾斜となることが期待されます。

この測定結果を用いて、フィッティングが修正されます。

ビジオフィス

・近方作業距離の測定(視軸)

メガネは遠くの物が見やすければ良いというわけではありません。

日々の生活では新聞、本、パソコン、スマホ・・・

実際にタブレットを見て頂いた状態で、撮影、測定を行います。

・視紋値測定(オプション)

人が左右を見るとき、顔を対象物の方向に向けつつ眼でも追って対象物を見ています。

このときどれだけ顔を向けて、どれだけ視線を向けるかには個人差があります。

この頭部の動きと視線の動きを調べて、メガネ作成に活かすことができます。

・眼軸長測定(眼球の長さ)

・瞳孔中心

・効き目の測定

・角膜頂点距離

・フレーム前傾角など

 

Visioffice3特徴として

Visioffice3の特徴として、他の検査機器と違い

立った姿勢で測定します。

これは見る時のクセをつかむのに役立ち、より自然な状態での「見え方」を知ることができます。

上記の測定からレンズの選別を行い、測定データを反映させます。

 

Visioffice3は、大阪市城東区のメガネのかとうで

Visioffice3は、メガネのかとう城東店に導入しております。

これまで使っていたVisioffice2よりも、

より精度が上がっています。

・立ち位置を床へレーザー投射、目のレベルにある高さを自動調整。これで、より正しい位置で計測が行えます。

・より鮮明な画像

・わかりやすい結果

・より高速に、より一人一人に合わせたオーダーメイドレンズ、カスタマイズレンズ、フィッティングを実現。

 

 

「これまでの眼鏡では満足できていない」、「より快適にみえるメガネをかけてみたい」という方は、ぜひご来店ください。